トップページ共立出版社 『蛋白質核酸酵素』 検索 ALL(14)

検索結果 ALL(14)

蛋白質核酸酵素:核移植の現状と将来 : クローン技術とES細胞[12371] [pne]
蛋白質核酸酵素 51 12 2006 1768-1774 幹細胞技術の現状と展望 No2 核移植の現状と将来 : クローン技術 理化学研究所発生・再生科学総合研究センターゲノム・ リプログラミング 研究チーム/理化学研究所発生・再生科学総合研究センター ゲノム・ リプログラミング 研究チーム/理化学研究所発生・再生科学総合研究センター ゲノム・ リプログラミング 研究チーム 核移植技術は, 農業, 絶滅危惧種の救済, およ 細胞の正常性について解説する. クローン/核移植/初期化/ リプログラミング /ntES細胞 はじめに 昨年の終わりごろ, 韓国の黄元教授
蛋白質核酸酵素:核移植における細胞周期制御と核のリプログラミング(クローン動物の頻発異常とエピジェネティクス)[12112] [pne]
蛋白質核酸酵素 47 13 2002 1804-1809 特集 核移植における細胞周期制御と核の リプログラミング (クロー 在の技術は多くの発生異常の出現を前提としたものである. リプログラミング 機構の解明は,生物学的に重要な知見をもたらすと同時に, し,現在の核移植の系は多くの複雑な要因からなっており, リプログラミング の本質に到達することを困難にしている.本稿では,核移植 により未受精卵に導入された細胞核に起こる事象と リプログラミング との関係について考察したい. 核移植/クローン動物/細胞 周期/ リプログラミング はじめに 成体由来の体細胞^から作出されたクローンヒ
蛋白質核酸酵素:ゲノムワイド関連解析データベースの関発(ライフサイエンス分野の統合データベース)[11228] [pne]
蛋白質核酸酵素 53 7 2008 882-887 SERIES ゲノムワイド関連解析データベースの関発(ライフサイエンス分 ている(報道で大きく取り上げられた,iPS細胞を含む細胞の リプログラミング 研究は,第2位であった). このように,現在,多くの大規模な
蛋白質核酸酵素:ChIP-seq法によるクロマチンと転写因子のゲノムワイド解析 : SOLiDを用いた解析の現状[11228] [pne]
蛋白質核酸酵素 54 10 2009 1248-1255 特集 次世代高速シークエンサーの応用と情報解析 ChIP-seq法によ 以下, 述べていきたいと思う. 筆者らは, はじめに, 核の リプログラミング にともなうヒストン修飾の変化を検出するためのChIP-seq
蛋白質核酸酵素:骨格筋の再生を支える幹細胞システム[9414] [pne]
蛋白質核酸酵素 49 6 2004 741-748 特集 幹細胞の運命を決定するシグナル 骨格筋の再生を支える幹細胞シ , たいへん興味深い. その分子機構の解明は, “ゲノムの リプログラミング ”という観点からも注目に値する. 上記の経路とは独立に
蛋白質核酸酵素:受精卵におけるエピジェネティック不均等性の成立機構[9414] [pne]
蛋白質核酸酵素 52 5 2007 434-440 Short Review 受精卵におけるエピジェネティック不均等性の成立機構 の機能もあわせて,受精後の雌雄ゲノムにおけるメチル化の リプログラミング は,従来,考えられていたよりも複雑で緻密なメカニズムに されているようである.受精後に起こるエピジェネティック リプログラミング のメカニズムの解明は,正常発生におけるエピジェネティッ ク制御の解明だけでなく,体細胞核 リプログラミング の分子機構の解明へもつな がるのではないかと期待してい 任研究員. 研究テーマ:受精卵におけるエピジェネティック リプログラミング 機構の解明.体細胞核 リプログラミング 機構の解明. 関心事
蛋白質核酸酵素:クローン動物の頻発異常とエピジェネティクス(クローンマウスにおけるエピジエネティクス)[9227] [pne]
蛋白質核酸酵素 47 13 2002 1816-1821 特集 クローン動物の頻発異常とエピジェネティクス(クローンマウ ゲノムインプリンティングの記憶が体細胞型から初期型ヘ リプログラミング されている(図3参照).完全に初期化された胎仔期12.5〜13
蛋白質核酸酵素:進化多様性生物学の私的問題点[8820] [pne]
蛋白質核酸酵素 51 12 2006 1722-1724 創刊50周年記念号 : 生命科学, これまでの50年, これからの50年 この現象は50年以上前からわかっているのに, いまだに リプログラミング の分子機構はわかっていませんし, 動物はもとより, 植物 によっても リプログラミング 能が多様である理由も不明です. 以上, 思いつくままにあ
蛋白質核酸酵素:序論(クローン動物の頻発異常とエピジェネティクス)[8580] [pne]
蛋白質核酸酵素 47 13 2002 1785-1787 特集 序論(クローン動物の頻発異常とエピジェネティクス) 河野友 れる.しかし同時に,多発するクローンの多様な異常は,この リプログラミング [→今月のKey Words(p:1788)]の誤りと考えられ,その対象 の体細胞核からクローン個体を作出することはできず,その リプログラミング の限界も同時に示されている.1980年代になると,両生類に しようとする研究もようやく緒についてきた.分化した核の リプログラミング をエピジェネティック修飾の変化,とくに刷込み遺伝子の変 発生したクローンでは,ゲノムのエピジェネティック修飾の リプログラミング がほぼ正常に行なわれているだろうが,一部で生じたエラー
蛋白質核酸酵素:序に代えて : クロマチン機能の頑強性と可塑性を支える細胞核構造[7933] [pne]
蛋白質核酸酵素 51 4 2006 293-300 特集 細胞核とクロマチン : ヒストンコードを超えて 序に代えて : ク 同様のことが起こりうる. おわりに 遺伝子発現制御や核の リプログラミング にヒストンコードが重要であることがわかってきたが, そ
蛋白質核酸酵素:幹細胞生物学の基本的概念[7822] [pne]
蛋白質核酸酵素 51 11 2006 1610-1617 幹細胞技術の現状と展望 No(1) 幹細胞生物学の基本的概念 Defini り一気に高度な分化能を回復する場合には, これをとくに リプログラミング (reprograming)とよぶ(図2). 5 癌幹細胞 癌の形成は, 従 てもやはり奇形腫が多発することから, 奇形腫幹細胞には リプログラミング によって消去できない造腫瘍性を規定する遺伝的な異常が 層性を撹乱する現象として, 可塑性, 脱分化, 分化転換, リプログラミング が位置づけられる. II 幹細胞の自己複製 1 分子機構 幹細
蛋白質核酸酵素:マウス胚発生におけるX染色体の不活性化と再活性化(エピジェネティクスの制御機構)[7485] [pne]
蛋白質核酸酵素 53 7 2008 830-835 特集 マウス胚発生におけるX染色体の不活性化と再活性化(エピジェネ ,分化した細胞が多能性を獲得するにあたってはゲノムの リプログラミング が起こっていると考えられるが,これにX染色体の再活性化 性もある.はたして,X染色体が不活性状態を維持していても リプログラミング を完了し多能性を獲得することは可能なのだろうか?こうし
蛋白質核酸酵素:次世代高速シークエンサーの特性と情報処理[7485] [pne]
蛋白質核酸酵素 54 10 2009 1239-1247 特集 次世代高速シークエンサーの応用と情報解析 次世代高速シー が解除され, 8細胞期以降にふたたびメチル化されるという リプログラミング という現象がある. 最近, 話題のiPS細胞もリプログラミン
蛋白質核酸酵素:クローンマウスの異常は子孫に伝達しない(クローン動物の頻発異常とエピジェネティクス)[7008] [pne]
蛋白質核酸酵素 47 13 2002 1810-1815 特集 クローンマウスの異常は子孫に伝達しない(クローン動物の頻 は多岐な表現型の異常を示すことが知られており,不適切な リプログラミング に起因する特異的遺伝子発現の異常あるいはDNA自体に生じ 孫にはまったく確認されず,その異常はドナー核の不適切な リプログラミング に起因していることが示唆された. 表現型の異常/リプログ する最近の知見は,DNAメチル化など後生的な遺伝子修飾の リプログラミング に起因する遺伝子発現の変化が関与していることを示して
これは蛋白質核酸酵素全文検索のサイトです。

当サイトで提供するPDFファイルは個人の用途以外での利用はできません。
PDFファイルのダウンロード、並びに印刷はできません。
PDFファイルや内容を、複製して利用すること、他人に譲渡したりすることは著作権の侵害となります。
PDFファイルへのリンクはお断りしています。


収録論文は1985年から2015年の通常号の総説、計2,230論文です。


ライフサイエンス統合データベースセンター
記事は、PDF形式になっております。
ご覧になるには Adobe Reader(無償) が必要です。お持ちでない場合は下のアイコンからダウンロードできます。