トップページ共立出版社 『蛋白質核酸酵素』 検索 ALL(9)

検索結果 ALL(9)

蛋白質核酸酵素:シナプスの高次構造をかたちづくる細胞外マトリックス蛋白質ピカチュリン[11756] [pne]
蛋白質核酸酵素 54 9 2009 1166-1172 Short Review シナプスの高次構造をかたちづくる細胞外マトリック チュリンの変異の解析に期待がもたれる. 最近, ES細胞や iPS細胞 ips細胞 を使って網膜の再生をめざす試みが行なわれている. これ が見える”ようになるための網膜を再生するには, ES細胞や iPS細胞 ips細胞 から視細胞を単純に分化させるだけでなく, リボンシナプ
蛋白質核酸酵素:中枢神経系における幹細胞治療 : 網膜再生をめざして[11228] [pne]
蛋白質核酸酵素 52 5 2007 470-477 幹細胞技術の現状と展望 中枢神経系における幹細胞治療 : 網膜再生を ,c-Myc,および,Klf4を導入することにより多能性幹細胞( iPS細胞 ips細胞 ,induced pluripotent stem cell)の誘導に成功した29). える,患者本人の体細胞由来の細胞を使う,患者本人からの iPS細胞 ips細胞 ,あるいは,患者本人の体細胞からES細胞への核移植による
蛋白質核酸酵素:多能性を維持する分子機構 : ES細胞における新たな転写因子ネットワークモデル[10659] [pne]
蛋白質核酸酵素 53 2 2008 164-168 Short Review 多能性を維持する分子機構 : ES細胞における新たな転写 を導入することで,ES細胞と同じ性質をもつ多能性幹細胞( iPS細胞 ips細胞 )を樹立できることが報告されている^.ところがこの結果
蛋白質核酸酵素:マウス胚発生におけるX染色体の不活性化と再活性化(エピジェネティクスの制御機構)[10547] [pne]
蛋白質核酸酵素 53 7 2008 830-835 特集 マウス胚発生におけるX染色体の不活性化と再活性化(エピジェネ った実験系で報告されている^.また最近,話題をよんでいる iPS細胞 ips細胞 (induced pluripotent stem cell,誘導多能性幹細胞)でも
蛋白質核酸酵素:マウス線維芽細胞から誘導多能性幹細胞をつくる[9414] [pne]
蛋白質核酸酵素 51 15 2006 2346-2351 幹細胞技術の現状と展望 No 4 マウス線維芽細胞から誘導多能性幹 能性幹細胞(induced pluripotent stem cell ; iPS cell, iPS細胞 ips細胞 )と名づけた. 一方, SOX2以外の3因子により誘導されたE がわかった. したがって, マウス胎仔線維芽細胞培養から iPS細胞 ips細胞 の誘導には, OCT3/4, c-MYC, KLF4に加えて, SOX2の4因子 線維芽細胞からだけでなく, 成体に由来する体細胞からも iPS細胞 ips細胞 を誘導することができるかどうかを検討した. 成熟したFb , 成体マウスの細胞からであっても, 4因子の導入により iPS細胞 ips細胞 を樹立できることが明らかとなった. 図1 誘導多能性幹細
蛋白質核酸酵素:ヒト蛋白質工場 : 網羅的なヒト蛋白質の発現基盤[8854] [pne]
蛋白質核酸酵素 54 9 2009 1173-1181 Short Review ヒト蛋白質工場 : 網羅的なヒト蛋白質の発現基盤 Hu 公開したデータベースを, 今後の蛋白質相互作用の研究や iPS細胞 ips細胞 研究, あるいは, 機能未知の蛋白質の解析など, 基礎研究
蛋白質核酸酵素:社会のなかの幹細胞研究 : 生命倫理から科学コミュニケーションまで[7485] [pne]
蛋白質核酸酵素 52 9 2007 1004-1011 幹細胞技術の現状と展望 社会のなかの幹細胞研究 : 生命倫理から科 として,体細胞に遺伝子導入することで多能性を獲得させた iPS細胞 ips細胞 (induced pluripotent stem cell,誘導多能性幹細胞)の研
蛋白質核酸酵素:次世代高速シークエンサーの特性と情報処理[7273] [pne]
蛋白質核酸酵素 54 10 2009 1239-1247 特集 次世代高速シークエンサーの応用と情報解析 次世代高速シー というリプログラミングという現象がある. 最近, 話題の iPS細胞 ips細胞 もリプログラミングをへるが, その過程でDNAメチル化がど クロマチン構造を変化させ, 転写開始点をどう制御するか? iPS細胞 ips細胞 や発生の初期段階ではどのように変化しているか?背後に特
蛋白質核酸酵素:ゲノムワイド関連解析データベースの関発(ライフサイエンス分野の統合データベース)[6659] [pne]
蛋白質核酸酵素 53 7 2008 882-887 SERIES ゲノムワイド関連解析データベースの関発(ライフサイエンス分 したことにも現われている(報道で大きく取り上げられた, iPS細胞 ips細胞 を含む細胞のリプログラミング研究は,第2位であった). こ
これは蛋白質核酸酵素全文検索のサイトです。

当サイトで提供するPDFファイルは個人の用途以外での利用はできません。
PDFファイルのダウンロード、並びに印刷はできません。
PDFファイルや内容を、複製して利用すること、他人に譲渡したりすることは著作権の侵害となります。
PDFファイルへのリンクはお断りしています。


収録論文は1985年から2015年の通常号の総説、計2,230論文です。


ライフサイエンス統合データベースセンター
記事は、PDF形式になっております。
ご覧になるには Adobe Reader(無償) が必要です。お持ちでない場合は下のアイコンからダウンロードできます。